このページのリンクアドレス

エブリスタ
よろず部の魔法的日常

小説 ファンタジー

よろず部の魔法的日常

ツナマヨ!

「魔法的、学園的、部活的、萌的、物語始まるわよ!」「要素多いよ!」

完結

224ページ

更新:2010/12/28

説明

「ふぁ~…あ、もう始まるの?OKOK……はい、みんな元気?よろず部美人部長の美茅凛よ!そしてアシスタントの……下っ端その①よ!」

「はい、どうも~下っ端その①の宋柳拓哉です!…ってなるかぁ!」

「はい、今日から始まった『よろず部の魔法的日常』これはどのような物語なの?」

「あれー!僕のツッコミは華麗にスルー?!」

「はぁ~、これだからゆとりは…」

「どゆこと?!僕たち同級生だよね!」

「いい?世の中渡るにはスルー力が問われるのよ?例をあげれば友達から昔借りた物をスルー、日に日に減る弁当の量をスルー……」

「なんか、絶○先生に似たようなネタがあったような…」

「何事もスルーが重要!わかった?」

「え、えっと…」

「わ・か・っ・た?(にこ)」

「……はい」

「それじゃ練習ね。ねぇ、この馬鹿カス人類の屑全くなんで生まれてきたの?」

「ムリ!絶対スルームリ!」

「はぁ~しょうがないわね。それじゃ私が手本を見せるからなんか言ってみて」

「う、うん…ブs…凛、顔が般若みたいだよ…」

「ん?般若?」

「い、いえなんでもありませんです、はい」



こんな物語?です

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ツナマヨ!さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません