このページのリンクアドレス

エブリスタ

三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第30回 「だから旅に出た」という文章を使って書こう

SNSで特集情報をお届けします!

5分で読める短編小説シリーズ

イベント名

三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第30回 「だから旅に出た」という文章を使って書こう

スケジュール

■募集期間
2016年7月27日(水)11:00:00 ~ 2016年8月23日(火)23:59:59

■結果発表
中間発表:なし
最終結果発表:2016年10月上旬

大賞(賞金3万円+選評)1作品
準大賞(賞金2万円+選評)1作品
入賞(賞金1万円+選評)1作品
佳作数作品(選評)

募集内容

新作限定! 初心者大歓迎! 三行だけでも、中編小説でも、妄想を炸裂させた文章ならなんでも応募できるコンテスト、第30弾です。

今回のテーマは

「だから旅に出た」という文章を使って書こう

です。
作中のどこかに必ず「だから旅に出た」という一文を入れた妄想を投稿してください。
セリフに変えても構いません。
変えた場合は、口調や語尾などを変えても構いません。

・失恋したショックで一人旅…
・仕事を辞めて第二の人生!まさかあんなことになるなんて…!?
・大切なあの人を探しに…
・思い出の景色をもう一度見たくて訪れた場所で意外な出会いが!?

旅の理由は人それぞれ。わくわく、どきどき、不安や悲しみ。
物語の登場人物はどんな思いで旅に出たのでしょうか。そして、そこではどんな出来事が待っていましたか?
大恋愛、ミステリー、どんでん返しのストーリーなど、旅にまつわる妄想をぜひ投稿してください。
あなたの妄想作品お待ちしています!

上位3作品には賞金+編集部からの選評!
また、上位30作品を結果発表ページでご紹介します。特に優秀な作品には、選評をつけさせていただきます。

過去の妄想コンテストはこちら

応募要項

・公開状態の新作(募集期間内に新規投稿・公開された作品)
・分量は100文字(三行程度)~10000文字
※上記2項目に沿っていない作品は選考外となります。
※完結していなくても構いませんが、選考において締め切り時点での完成度も評価の対象となります。

応募条件

・シリーズ設定されている作品も、エントリーされた話のみが対象となります。
・エブリスタ上での有料作品・無料作品のどちらでも応募可能です。
・エブリスタ内の公式イベントや、他サイト等の文学賞に応募中の作品・過去に応募し受賞した作品は選考対象外とします。
・応募締切り後の作品編集可。
※ただし、審査は、締め切り時点2016年8月23(火)23:59:59のデータで行います。

応募受付

応募するにはログインしてください。

ログインする

次回予告

次回の妄想コンテストは今回と平行する形で2016年8月10日(水)より開催いたします。

Twitterの反応

らくだと少年

小説 ファンタジー

らくだと少年

岡田朔

少年は旅に出た

完結

9ページ

おぼろげな彼

小説 恋愛

おぼろげな彼

宵の明星

間違い電話をかけたことによって、誘われた想いとは……?

完結

8ページ

2人の距離をゼロにして

小説 青春

2人の距離をゼロにして

少年は橋を渡る

菊池 策

大切な人を守るため、少年は橋を渡る。そこは世界への扉だった。

完結

16ページ

夢幻漂流記

小説 ファンタジー

夢幻漂流記

SF

読:むげんひょうりゅうき

完結

18ページ

それ

小説 ファンタジー

それ

めぐり飛空

『それ』とは何か―――……。すぐに解ります。

完結

16ページ

選考結果発表

今回のお題は世界観を作るのが非常に難しかったかと思います。そんな中、長編の冒頭のように広がりを感じさせる作品や、「旅に出た」という言葉を使いながらも短編としてきっちりまとめた実力ある作品が上位にランクインしました。一方で、世界観は良いにもかかわらずまとまりきっていない作品も多かったです。

大賞(賞金3万円+選評)1名

あめ工房

小説 恋愛

あめ工房

波の音

著:あめ(鍋は素敵)

選評:

「だから旅に出た」の一文が果たす役割が自然かつ重要で、お題の使い方が応募作の中で一番上手かったです。洗濯機の音が波の音に聞こえるという冒頭の場面から、郷愁とほんの少しの寂しさが伝わってきます。夫との食い違いを少し寂しく思いつつも愛情を持つ妻。その描写が非常に繊細です。

準大賞(賞金2万円+選評)1名

鬼燈を掲げ

小説 ファンタジー

鬼燈を掲げ

著:熟成芥

選評:

しっとりした耽美的な雰囲気が良いです。主人公と、その仇である少女がこの後どんな旅を続けるのか読みたい気持ちにかられます。酒天童子伝説を読み換えたストーリーも面白く読めました。

入賞(賞金1万円+選評)1名

カエルのキス

小説 ファンタジー

カエルのキス

著:やきのり

選評:

カエルの王子と、彼にキスしなければならない姫。童話のような美しい背景と、苦しいまでの閉塞感がマッチした独特の世界観が魅力的です。終盤につれて物語のテーマがくっきりと浮き上がってきます。

佳作

2人の距離をゼロにして

小説 青春

2人の距離をゼロにして

少年は橋を渡る

著:菊池 策

選評:

丁寧に描かれた作品です。子供の小さな青春とほろ苦い展開が胸に迫ります。お姉さんの真意はもう少しはっきり描かれてもよかったかもしれません。

おうちのお手伝い

小説

おうちのお手伝い

著:霜月ひろ

選評:

可愛らしい超短編です。クスッとすること間違いなしです。

旅人の物語

小説 ファンタジー

旅人の物語

著:絵空ハル

選評:

小説の中で旅をする病床の彼女と、自分の冒険を聞かせる彼。彼女が小説を書くという手段を取ったところが何とも切ないです。一方で、彼の冒険が何年もかかりそうな壮大なものばかりで、二週間という日程に現実味がないのが惜しいなと感じました。

待たされ九兵衛

小説

待たされ九兵衛

著:満月 兎の助

選評:

とぼけた雰囲気が面白い、時代もの×ファンタジーです。地獄、可愛らしい閻魔様など世界観が練られているので、浸りながら読みました。この二人が今後どんな活躍をするのか楽しみになります。

地下室の勇者

小説

地下室の勇者

著:快紗瑠

選評:

引きこもりが外に出てみたら、世界から生き物が消えていて……。この後どうなるのか、果たして彼は生きていけるのか、と先が気になる作品です。ただ、ずっと引きこもっていた彼が果たしてここまですんなりと出かけられるか? という疑問が残りました。

優秀作品