このページのリンクアドレス

エブリスタ

ジャンル応援キャンペーン 青春・友情「旅」

イベント名

ジャンル応援キャンペーン 青春・友情「旅」

スケジュール

・募集期間 2017年10月23日(月)17:00:00 ~ 2017年12月24日(日)23: 59: 59
・結果発表 中間発表: なし
・最終結果発表:2018年2月上旬予定

大賞(賞金3万円+選評)1作品
準大賞(賞金2万円+選評)1作品
入賞(賞金1万円+選評)1作品
佳作数作品(選評)
※大賞~佳作の作品はエブリスタ公式SNSで配信・紹介される可能性があります

募集内容

<募集内容>
毎回ジャンルを指定し、そのジャンルを応援するキャンペーンです!
今回の募集ジャンルは青春・友情で、テーマは「旅」です。

★どこまでいける!?ドキドキ!一文無し一人旅
★一人旅の途中、ふらりと立ち寄った先で、生涯の友を見つける
★少年たちは寂れた線路の上を歩く・・・小さな冒険譚


など、例文の様な「旅」をする登場するお話を描いてみて下さい。
ワクワク・ドキドキする様なお話を、お待ちしております!

応募要項

・文字数は10,000文字以上推奨
※文字数は「文字数カウント(空白・改行を除く)」を参考にしてください。
・ジャンルは青春・友情(内容が青春・友情であれば、他ジャンルの作品もエントリー可能)
・新作推奨ですが、過去作・他の賞で落選した作品を上記の形に再構成して応募戴くのも歓迎です。
・未完結OK!意欲的に更新されている作品をご応募ください。
・未完結の場合、現在アクティブな状態の作品の方が受賞に有利です。また、選考において締め切り時点の完成度も評価の対象となります。
※非公開作品は審査対象外となります。
・お一人様、何作品でも応募頂くことが可能です。

応募条件

・シリーズ設定されている作品は、エントリーされた話のみが対象となります。
・エブリスタ上での有料作品・無料作品のどちらでも応募可能です。
・応募締切り後の作品編集可。
※ただし、審査は、締め切り時点2017年12月24日(日)23: 59: 59のデータで行います。
・エブリスタ内の公式イベントや、他サイト等の文学賞で過去に受賞した作品は選考対象外とします。
・エブリスタ内の他公式イベント(重複応募を許容しているイベント)との重複応募も可能です。

応募受付

応募するにはログインしてください。

ログインする

みんなのコメント

旅人

小説 ファンタジー

旅人

☆皐月ちゃん

俺は気まぐれな旅人。退屈だったから旅に出た。唯問題がある。それは。

完結

1029ページ

最悪はじめました

小説 ホラー

最悪はじめました

きさらぎ行きの電車に乗って

ヨモツヒラサカ

完結

15ページ

王になるということ  槙編

小説 ファンタジー

王になるということ  槙編

松岡 黒希

異世界に飛ばされた真と槙。元の世界に戻るため王都へと向かう旅が始まった。

連載中

32ページ

Girl A

小説 ファンタジー

Girl A

Aoi_Kanose

作品準備中

休載中

51ページ

翡翠と白の星

小説 SF

翡翠と白の星

まゆ

完結

23ページ

 30歳の私へ~ love letter ~

小説 青春

30歳の私へ~ love letter ~

光月

ジャンル応援 青春・友情「旅」で大賞を頂きました。

完結

91ページ

大賞(賞金3万円+選評)1作品

 30歳の私へ~ love letter ~

小説 青春

30歳の私へ~ love letter ~

著:光月

選評:

一美と薫、ふたりの女性の友情の物語です。中学生の時の家出、40代での旅行、そして最後の旅、と、いくつもの「旅」があり、その「旅」ごとに意味するものが変わります。人生の中にある、数々の旅を行く姿から語られる人間讃歌に、思わず涙が溢れました。1986年からの中学生時代のエピソードが長いため、同世代の人間にはさらに感情移入できるでしょう。そうでない世代の読者にも、彼女らの青春と友情は、きっと響くものになっていると思います。

準大賞(賞金2万円+選評)1作品

隣町銀河

小説 青春

隣町銀河

著:モノ カキコ

選評:

ある人物によって「かわいく」「やさしく」あらねばならないと思い込まされた左記子と、彼女と全く違うタイプで、この物語の語り部でもあるハツ。二人のヒロインの、お互いのことを理解し合うための衝突と交流は、強く共感を呼ぶものでした。彼女たちのお互いの存在への問いかけには、心をうつ感動があります。宮沢賢治オマージュと思われる、文章が描き出す情景の美しさも素晴らしく、期待できる作家という印象を強く受けました。

入賞(賞金1万円+選評)1作品

短編集『O』

小説 ヒューマンドラマ

短編集『O』

アディオス!

著:伊崎けんたろう a.k.a 13kid

選評:

会社を辞め、ホンダの名車「カブ」に乗って田舎に戻るための旅に出た男の物語です。旅をしながら、カブに込められた思い出が語られていく過程で、主人公は、実は……と気付かされる場面があり、「あぁそうなのか…」と一気に共感度が高まります。なぜ旅を始めたかの理由が明確になり、そこを境にして物語全体の姿が違うものに変わる、という構造には驚かされました。タイトル通りの、素晴らしい「別れの物語」です。

佳作数作品(選評)

黄昏デライト

小説 ファンタジー

黄昏デライト

著:野兎症候群

選評:

「夕焼けの世界」という、舞台の美しさに引き込まれました。また、登場人物のセリフも印象に残るものが多かったです。物語の最後に主人公ロクムの語る「終わりなんてどこにでもあるし、旅はそれをたまたま見つけるためのものだったんだと思うよ」というのは、「旅」とはなにか、という問いに対しての大きな答えになるものと深く頷かされました。

ローファーの癖に。

小説 青春

ローファーの癖に。

著:奈須川 周

選評:

普通の少年・薫と、美少女なのに言動と行動が男のレオ、二人の主人公がどちらも魅力的でした。レオの思いつきで突然始まった、ロケットの打ち上げを見るための東京から種子島への旅の中で、薫は成長し、レオの謎は深まっていきます。果たして旅は成功するのか?レオの正体は? 旅の終わりに二人はどうなるのか…と、風呂敷の広げ方がうまく、そして少しビターな味付けの終わり方も素敵な、心地よい物語です。

うるおしき鐘の音は

小説 青春

うるおしき鐘の音は

著:菊野琴子

選評:

東京に住む誠と田舎に住む良は少年時代、夏がくるたびに出会い、かけがえのない時を過ごす。一度離れ離れになり、10年ぶりに誠から良に会いにいくものの、二人はお互いにとってまるで違う人物になっていた――という物語です。悲しい物語にも思えます。しかしそれぞれの事情を乗り越えて変化し今を生きていく姿を肯定的に描いていく筆致に、心を揺さぶられました。

人生ショートショート

小説 青春

人生ショートショート

大人の家出 イベント用

著:芋粥

選評:

「旅とはある種大人のする家出かもしれない」という、冒頭の主人公の言葉で、世界観を作りだしているのが見事です。特筆すべきは、物語全体にある、シンパシーを呼び起こす「リアルさ」です。主人公が旅に出る動機に、特段ドラマティックなものはないし、劇的なイベントも起きません。それでも出会う人々からは息遣いを感じましたし、主人公が旅で何かを得ていくのがわかります。静かにですが、確かに伝わるもののある物語でした。

戦争を知らない僕たちのジャーニー

小説 歴史・時代

戦争を知らない僕たちのジャーニー

著:五十嵐。

選評:

戦前までカナダにいた祖母の残した謎を追いかける物語です。「英語で書かれた俳句」と「グローブ」という二つのマクガフィンが設定され、それが一体何を意味しているのかを求めて旅をしていくことで、飽きさせないストーリーが展開されていきます。祖母の謎が分かることで、主人公の抱えていた問題も解決する、という構成も見事な良作でした。

シップメント

小説 青春

シップメント

著:Jin

選評:

中二病を再発させ「タフでワイルドな人間」として旅に臨んだ主人公・三田村の物語です。そこで出会うユニークな人々の価値観にそれぞれの正しさが有り、楽しみつつも考えさせられました。それに加え「あのボストンバックの中身はなにか」といったミステリ要素もあり、色々な形で楽しませてくれます。最後に、三田村の抱えていた問題が、全ては解決しないものの希望を抱かせる物語の着地の仕方も、評価したいです。

祝福

小説 青春

祝福

著:oomori

選評:

少女の視点から、日常が不自然なほどポジティブに描かれ、これだけで終わってしまう薄い話? と導入部で思わされます。しかし情景が動いていく中、彼女の語りに違和感を抱かせるノイズが混ざり始めるところから彼女の真意が見え始め、タイトルから想起させられる物語とは、違う終わりを迎えることになるのでは……と感情を揺さぶられます。テーマ性・エンターテイメント性、共に兼ね備えた作品と評価します。