このページのリンクアドレス

エブリスタ

ジャンル応援キャンペーン 歴史・時代「生きる」

イベント名

ジャンル応援キャンペーン 歴史・時代「生きる」

スケジュール

・募集期間: 2018年6月18日(月)17:00:00 ~ 2018年8月19日(日)23: 59: 59
・中間発表: なし
・最終結果発表: 2018年10月上旬予定

大賞(賞金3万円+選評)1作品
準大賞(賞金2万円+選評)1作品
入賞(賞金1万円+選評)1作品
佳作数作品(選評)
※大賞、準大賞、入賞または佳作(以下、「受賞」という。)の作品はエブリスタ公式SNS等で配信、紹介等される可能性があります。

募集内容

毎回ジャンルを指定し、そのジャンルを応援するキャンペーンです!
今回の募集ジャンルは歴史・時代で、テーマは「生きる」です。

★戦国時代にタイムスリップ!? 命懸けの合戦に巻き込まれ……。
★惚れてはならない男に身を尽くす、吉原遊女たちの儚く残酷な宿命とは。
★今日を生き抜くためならなんでもしたーー貧乏な村に生まれた少年の立身出世物語。
★ある晩、訪ねてきた武士の背中には女の霊が取り付いていた。彼女が静かに訴えかけてきた言葉はーー。

など、「生きる」をテーマに盛り込んだ小説を募集します。
血がたぎるような熱いお話や、運命に翻弄される切ない物語を、お待ちしております!

応募要項

・文字数の指定はありません。
・募集ジャンルは歴史・時代です。ただし、内容が歴史・時代であれば、他ジャンルの作品でもご応募可能です。
・新作を推奨しますが、過去作並びにエブリスタ内の公式イベント及び他サービス等の投稿イベントで落選した作品を募集内容に沿うように再構成してご応募頂くことも可能です。
・アクティブに更新している未完結作品なら応募OK! 意欲的に更新されている作品をご応募ください。
※非公開設定している作品は、選考対象外となります。

応募受付

応募するにはログインしてください。

ログインする

みんなのコメント

薬師如来の子

小説 歴史・時代

薬師如来の子

薬師如来の子 巻之二

吉沢伊矩

医王院是豪と澄慧は家中の結束を固め、ついに敵国・阿木那との決戦に挑む。

連載中

334ページ

今生きている

小説 ファンタジー

今生きている

くらさま

休載中

2ページ

渡りの果て

小説 歴史・時代

渡りの果て

渡りの果て 後編

104mam

【R18】『渡りの果て 前編』の続きです

完結

1652ページ

昔と今~どちらの味方?~

小説 歴史・時代

昔と今~どちらの味方?~

沙羅

もうこの手は、…絶対放さないよ。手放す気なんて全くないんだから。

連載中

1232ページ

業の恋

小説 歴史・時代

業の恋

めるえむ2018

伊達政宗の母、義は本当に毒母だったのか?

完結

4ページ

戦国をどう生きるか

小説 歴史・時代

戦国をどう生きるか

戦国をどう生きるか

文豪(笑)

定番の戦国転生チート物語

完結

321ページ

大賞(賞金3万円+選評)

開花のしずく

小説 歴史・時代

開花のしずく

著:Maro

選評:

幕末から明治にかけて、数奇な運命を辿った詩乃。大きく2つに分かれている物語だと感じました。激動の時代に翻弄され、愛する者が離れていく前半部。いわば受け身の立場だった詩乃が、後半では大きく変貌します。その素敵な成長には、剣術と芸者の経験を活用しているのでリアリティがあります。そして、ヒロインに用意されたラストのサプライズ。悪を懲らしめる痛快な女性が描かれていました。

準大賞(賞金2万円+選評)

名人三無

小説 歴史・時代

名人三無

著:筑前筑後

選評:

南北朝の時代。しかも、九州での戦いを描いた意欲作です。一見なじみのない舞台に思えすが、作者の物語設定への手配りが見事。忠義を重んじる家臣。利に聡い女。知略に富む強敵など……。個性あふれるキャラクターを縦横無尽に配置して、目の離せない展開を演出します。後半は、闇に生きる者同士の手に汗握るバトルがクライマックス。今回の物語は幕を閉じますが、まだ先を見たくなる作品でした。

入賞(賞金1万円+選評

なでしこの花

小説 ファンタジー

なでしこの花

著:はやくもよいち

選評:

モチーフは『御伽草子』の源頼光による大江山の鬼退治。でも、“酒呑童子”の設定をはじめ、かなりアレンジされています。鬼を呼び出す異人の仁王丸。彼を慕う元公家の娘のなでしこ。彼らの下に都で生きられぬ者が集う。その存在を許さぬ国家から討伐の対象となります。先が読めない展開で血沸き肉躍る物語です。人と人はわかりあえるというメッセージが心を打ちます。

佳作

百華馥郁

小説 歴史・時代

百華馥郁

著:今野綾(旧あやちょこ)

選評:

遊女・朝雲の一代記に感服しました。彼女のデビューから、その晩年までを語るテンポがいい。客と遊女、男と女の機微に関して、優しい視点で描いています。とはいえ、華やかな面だけでなく、不自由さや、性病の恐ろしさにも触れている。読み進めれば、当時のしきたりや専門用語を学べ、読者は遊郭をヴァーチャル体験できます。限られた人生であっても、多くの人に影響を与える素晴らしさが伝わりました。

君と狂いて一期は夢

小説 歴史・時代

君と狂いて一期は夢

著:ひいろ

選評:

行商人の蒼汰と、呉服屋の娘との涼やかなやりとりは、江戸の青春真っ盛りに感じます。祭りの夜の少女の死の謎。その真相は、ミステリー的なトリックとしては目新しくありません。しかし、物語はここからボルテージを上げていきます。未来に生きようとする若者達の壮絶な覚悟。現代ならモラル的に問題があっても、歴史物としての結着としては納まりが良かったです。

名残り雨

小説 歴史・時代

名残り雨

著:トモハシ

選評:

幕末の2人の剣客の対照的な人生を描いていました。同じ道場で学んだ2人が、時代の流れによって、対峙する生き方を選んでしまう。“断鉄の総助”の正体を知って悩む主人公の堀田。果たして勝てるのかと葛藤する彼の心情の吐露に共感できました。ついに対決せざるを得ない状況になる2人。斬りに来たのではなく「殺しに来た」という台詞の重みが、ラストでジワリと胸に響きます。

和紙と秘剣と

小説 歴史・時代

和紙と秘剣と

著:Maro

選評:

親子2代にわたる重厚な物語です。和紙の技法と、秘剣を受け継ぐ父と娘。誰にも負けない剣の腕を持ちながら、身分の壁に阻まれて、苦悩する三木惣介。ようやく、幸せな家庭生活を営めると思ったら、藩の主導権を巡る陰謀に巻き込まれる。惣介の半生を知るからこそ、読者も娘による仇討ちに共感できます。女剣士かえでの痛快な剣劇がクライマックスを彩る。歴史物エンタメの秀作でした。

彼の地

小説 BL

彼の地

著:sei

選評:

主人公は疎開先で、心を許し合える青年と出会います。しかし、彼は出撃を待つ特攻隊員だった。せっかく、かけがえのない存在と巡り合えたのに、別れがすぐそこまで迫っている。読み手の胸をかきむしる悲しみが描かれています。限りある時間を惜しむように過ごす2人。戦争の無情さ、やりきれなさが痛いほど伝わる作品でした。ラストで、タイトルのダブルミーニングに気づかされます。

雪と黄金の大地

小説 歴史・時代

雪と黄金の大地

著:tetsuya

選評:

17世紀の北海道を舞台にした冒険譚。生きがいを失っていた熊撃ちの久蔵が、娘を助けたことで、2人の旅が始まります。次々と襲いかかる追っ手。自然を味方につけて、たった1人で撃退し続ける久蔵の活躍が鮮やかです。交流の場面と、暴力の場面の緩急が上手いため、読みやすい。孤独な男女が、お互いに良い影響を与え合い、変化するプロセスも素敵に描いていました。

代わり筆

小説 歴史・時代

代わり筆

著:波瑠

選評:

文字の書けない遊女のために代筆する吉乃。彼女が助手を務める医師の「代筆は人の心を救っている」の台詞に納得です。胸に秘めた想いをしたためる。郷里の親に無事な声を届かせる。いつの時代も、大切な人とつながることで、人は心が健やかでいられます。今作では、肩を寄せ合って助け合う長屋や、仲睦まじい夫婦が描かれていました。美しい日本の原風景を強く感じられます。