新PCレイアウトにする

小説コミック投稿コミュニティ エブリスタ

  • ただ今の総作品数
    2,427,572作品

第1章

第一章 まりちゃん




  ぼくの名前は「ほたて」。




  まりちゃんが、大学を卒業して



  3年目の春に生まれた。




  もちろん名づけてくれたのは、まりちゃんだ。




  まりちゃんは、昔からいきものがだいすきで、


  まりちゃんの「じっか」

  というところでは、


  ゴンという大きな黒い犬がいたらしい。


  一度ゴンの写真を見たことがあるけど、

  本当にまりちゃんとくらしていたのか疑わしいくらい


  真っ黒だった。



  まりちゃんの好きな色は白色だからだ。

2

ほなみさんのところで生まれたぼくは、

少しだけママのおっぱいを飲んで、

そしてまりちゃんの住む小さなアパートにやってきた。

らしい。

ぼくはそのころのことをぜんぜんおぼえていない。

おぼえているのは、


まりちゃんが、


「しろくてふわふわでかわいい。」


と言ってくれたことだけ。


その日から、まりちゃんといっしょにくらしている。


いっしょにねて、いっしょにごはんを食べて、またいっしょにねて。

3

まりちゃんは、

細くてやわらかいゆびで

ぼくのおでこをなでてくれる。

そして、おねだりしたぼくに

ちょっとだけかつおぶしをくれる。


「ちょっとだけだよ。」と言って。


ぼくは、

その「ちょっと」

の言い方がとてもすきだ。


ぼくとまりちゃんは、

とってもなかよしだった。

けんかなんてしない、

いつでもやさしくだきしめて、


そしてぼくをあいしてくれた。

4

ぼくは、まりちゃんがだいすきだ。




まりちゃんのこえ、

におい、

足音。



ごはんの上にシーチキンをのせて、30秒くらいでたべちゃうところ。

おふろあがりに、ベランダで梅酒を一杯のむところ。

部屋をまっくらにして映画をみて泣くところ。

コーヒーに1つだけ角砂糖をぽとんっと入れるところ。

外から帰ってきて「ただいま」と言ってだきしめてくれるところ。




ぼくの名前を呼んで、ほほえんでくれるところ。



少しだけ涙を流して「ほたて・・」と言ってねてしまうところ。

5

ぼくとまりちゃんが

いっしょにくらしてから

1年くらいして、

まりちゃんの部屋に

男の人がよく来るようになった。

その人は、

まりちゃんが作ったチャーハンを「うまい、うまい」と言って

10秒くらいでたべた。

コーヒーには3つも角砂糖を入れて、

ミルクも入れてのんだ。

お酒のにおいはしなかったけど、

たばこのにおいがした。

6

いつもカメラを持っていて、

よくまりちゃんとぼくの写真をとってくれた。


そして、

「ほたてはしろくてふわふわでかわいいなぁ。」

と言って、

あごをぼくのおでこにのせてぐりぐりしてきた。


ひげがあたってチクチクして痛かったけど。


でも、

まりちゃんと同じことを

言ってくれた。

7

しばらくしてから、

その男の人はあまりまりちゃんの部屋に来なくなった。

まりちゃんは、

「りょうくん。りょうくん。」

と言って

たくさん泣いてた。

台所でも、

お風呂場でも、

ベランダでも、

ぼくとねるときも。



そして、冬になって雪がふった。

8

ぼくは寒くてこたつに隠れてたけど、

いつのまにか、

またあの「りょうくん」が来るようになった。


そして春には、部屋を引っ越ししていた。


まりちゃんの部屋よりも広くてたくさんへやがあった。


2階もあったし、小さいけどお庭もあった。




こんどは、まりちゃんとぼくとりょうくんでくらすことになった。

9

ぼくは、この家がとても気に入った。


庭の芝生の上でごろごろしたり、

屋根にのぼって

空をとぶ鳥をながめたりした。


りょうくんは、またカメラを持ってきて

写真をたくさんとった。


まりちゃんとぼくとりょうくん、

みんなが写った写真。



まりちゃんは、あまり外に行かなくなって、

一日中ぼくのそばにいてくれた。

ぼくはうれしかったけど、

まりちゃんはあまり楽しそうじゃなかった。


前よりごはんを食べなくなったし、笑うことも少なくなった。

10