新PCレイアウトにする

小説コミック投稿コミュニティ エブリスタ

  • ただ今の総作品数
    2,376,475作品

再会 #2



送迎は日によって送る人数も違えば、もちろん人によって場所も変わる。

1台の車で送迎していた為に、毎日かなりの時間がかかる。

最初送迎しだした頃なんかは、

「何遠回りしてるん?マジ使えねぇ!!」

みたいな罵声を浴びせられたりもした。

福岡が地元じゃない俺にとっては道など教えてもらわないと分からない。

『んなら運転代われや!!この高飛車!!』

と内心は思っていたが、そんな事は口にせずニコニコ謝る。

今思えばよく我慢したものだ。

しかし、先に言っておくと、決してそんな人ばかりではないのも確かだ。



ある日の送迎。

その日は系列のお店のコも含めて9人送る事になった。

まずそれぞれみんな早く帰りたい為に、我先にと言い出す。

俺からしたら誰からでも良いが、東西南北の4人に代表でジャンケンしてもらって、送る方面の順番を決める。

ただその日は東5人、西1人、南1人、北2人と、東に偏っているだけなら楽だが、方面がバラバラに散らばっての送迎だった。

しかもジャンケンの結果、北→西→南→東の順番…。

案の定、東の連中が文句を言い出す。

2



「てか、東が1番多いけんが、東からにしてよ?」

『あぁ…、うざい…、ジャンケン負けたんが悪いでしょ…』

とか考えて、

「ジャンケンの結果どおりにやらないと、ごちゃごちゃなるからそれはできないですね…」

「バリだるっ!!そんなんやったら送迎使わなきゃ良かった!!ってか、送迎する人変わってよ?」

「送迎する人が変わっても同じですよ?今日は我慢してください」

「あぁバリうざっ!!」

『うざいのは貴様だ!!てかんな事言うんなら降りろ!!』

と俺の心の声。

その時は俺はまだボーイで雑用。

発言力なんてあったもんじゃない。

3



最初は揉めていたが、南のコで俺と仲の良いコが、最後で良いと言ってくれた為に東と南の順番が入れ替わる。

性格の良いコと悪いコの差が本当に激しい世界なんです…。

俺が見てきて思ったのが、やっぱり最終的にぐちゃぐちゃと文句言っているコは売れない。

お客さんもそれが分かっているのだと思う。

さて…、その日の車の中。

はじめは何事もなく北方面に車を走らせる。

しかし、その道中に悲劇は起きる。

4



北の2人を送ってから西の方面に向かう途中だった。

乗せていたコの1人が、車の中で嘔吐してしまう。

そのコはまだ新人で、東方面の1人だったのだが、あろう事か車内でぶちまけた。

突然聞こえた、

「おうぇぉ"ぉ"ろろろ~」

といった音。

全員がその場で固まる。

自分もバックミラーで後ろを確認する。

そして次の瞬間、

「車止めて!!」

と誰かが言った。

車内には異臭が立ち込める。

5



「どうしました?」

とは言ったものの、臭いで想像はついた。

『さて…、どうしたものか…』

すると1人が、

「あんたなんで車ん中で吐いてるんよ?」

と怒鳴る。

更にもう1人が、

「服にかかったやんけ!!どうしてくれるん?」

と言う。

とりあえず本人もそれ以外も全員をおろす事にした。

本人はその日の営業で酔っ払っていたのは分かっていたが、新人である為に車を止めてとは言いにくかったのだと思う。

6



『まさか吐くのを我慢していたとは…』

気付いてあげられなかった俺も責任を感じる。

とりあえず、まずは本人を落ち着かせる為に、水を買ってきては飲ませる。

「ごめんなさいぃぃ」

と謝るのに対して、とにかく大丈夫だからと落ち着くように宥める。

だがしかし、俺と数人以外を除いて、それじゃあ終わらせられないお姉さん達がいる事はご存知だろう…。

その時には車内には俺を合わせて8人。

7



「マジでありえんったい…、あんな臭いの車にはもう乗りたくないし、タクシーで帰るけん金頂戴」

「マジそうやわ、うちにもタクシー代!!」

寄ってたかってタクシー代を請求する姉さん方。

本人はというと、グロッキーな状態ではありながらも、

「お金全然無いんです…、後日どうにかして渡しますんで、今は勘弁してください」

と言う。

可哀想だと思いますよね?

実際、現場を目の当たりにした俺はその姉さん達を全員しばいてやりたいくらいの気持ちだった。

8



女のコなので手は出さないが、本当にそれぐらいの気持ち。

思わず、

「あんたら、さっきからいい加減にしません?」

と言ってしまった。

実際、嘔吐事件がある前に少なからず俺はイライラしていた。

その原因というのが、車内での姉さん達の会話。

「吉岡(お客さん)マジでキモイっちゃん…、今度デートしてくれない?って言われたけんが、何か買ってもらお~♪あのハゲ散らかした頭でよくデートなんて誘えるわ!!笑」

「リカちゃんはえぐいったい☆笑 あたしの富田(お客さん)もなかなかヤバイやろ☆笑」

「ははっ☆あいつ顔面整形してから出直せばって感じ☆笑」

「マジそれやわ☆笑」

「てか最近気になる人おってさ~☆」

「えっ?キョウコちゃん彼氏おらんと?いるって聞いとったけん☆」

「一応おるっちゃけんが、彼氏チ○コ小さいったい☆笑」

9



「何それ~?バリうけるし☆」

「まぁ気になる人っていうのもそうやけんが、セフレみたいなもんっちゃん♪彼氏より男前やし☆」

「あたしの彼氏は小さくないしなぁ☆むしろマグナム級☆笑」

「それはそれでバリうけるし☆笑」

「てか最近客減ってイラつくわぁ…」

「何で減ったん?」

「知らん、金無いんじゃね?」

「言えてる☆最近羽振り悪いのばっか…」

「こっちは相手してやってんやし、金出せって話☆」

10