/ 25ページ

生存の鍵をにぎる血液型

(1/5ページ)

生存の鍵をにぎる血液型

血液型といえば、殆どのひとが輸血に関係あるだけのと考えているだが、血液型が適応して進化してこなければ、人類は現在まで生き延びられたかどうかわからない血液型は人類の生存にそれほど重要なな鍵を握っ出る それぞれの血液型は人類の生物学的発達と環境の変化に適応してきた
そのお陰で私達の免疫系は新しいバクテリアと闘えるほど強くなり、消火器系はそれまで馴染みのなかったさまざまな食物を消化できるようになった

O型

もっとも古い血液型O型で、その祖先はクロマニョン人まで遡る事が出来る。現在でも世界中で最も多い血液型だ。元々狩猟採集民であったO型は、肉類がおもな食糧だった時代を生き延びてきたため、強い免疫系と丈夫な消火器系を持っている。胃酸が特に多いので、肉から、栄養をとり、蛋白質を効率的に吸収するのに適している
O型の祖先は獲物を捕まえて食糧としまた次の獲物を追うという生活がをしていたが、次第に獲物の数が少なくなり、人類から身を守る術としてとして、一カ所に定住した食糧を蓄えることを覚えていった

A型

A型が台頭してきたのは、紀元前二万五千年頃だ。農耕民であるA型の免疫系は集団生活で増えてきた感染症と闘えるように、消火器系は穀物や野菜の多い生活に合わせて植物性たんぱから栄養を補給出来るように適応した。またA型にとって魚介類も重要な蛋白源だった

/ 25ページ

生存の鍵をにぎる血液型

(2/5ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|