/ 15ページ

全ての始まり

(1/3ページ)

全ての始まり

人には皆潜在的能力がある。その能力を開花したものを「超能力」「魔法」と呼ぶ。

人々のなかには、その能力を研究し始める者がいた。

しかしその研究には実験材料つまり、人間が必要であった。

そこで彼らは見込みのある少年少女を連れさっていた。

しかしそのことは、行方不明の連絡を受けた警察及び日本政府によって発覚した。

しかしその時すでに7年の時が過ぎていた。

太陽が西に傾き始め、空には入道雲が浮んでいる。

俺の名は国見晶
高校に入学して平凡な日々を過しているただの高校生だ。今日も一日が終わる。そう思っていた、けど今日の放課後は違った。
「君ちょっといいかね?」
そう言われ、俺が振り返ると四十代くらいの男性が立っていた。
「何すか?」そう聞くと男はただ「一緒に来てもらいます。」とだけ返事を返した。

/ 15ページ

全ての始まり

(2/3ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|SF