/ 6ページ

第一夜

(1/4ページ)

第一夜

夜になる度
零れ落ちて逝く。

歪んだ月の雫が
僕を孤独の谷へと
突き落とす。


独りが好きなんだと
そう呟いてみても

冷め切った心臓は
動きを止めたまま…


暗い部屋の中で
鳴りっぱなしの
音の洪水が
ただ流れ続ける。


2009/02/18 0:06

/ 6ページ

第一夜

(2/4ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|詩・童話・絵本