/ 181ページ

初体験

(1/2ページ)

初体験

金縛り初体験の時の出来事。

両親は結婚記念日の旅行に行ってて、姉も部屋に引っ込んでた為、一人でテレビの心霊特番を見ていた俺。


「こういうものを見ていたら呼んでしまいますよ」みたいなテロップに若干ビクビクしながら布団に入ったんだ。


来世の人生設計を考えることで恐怖を打ち消しつつ眠りに落ちるかという瞬間、金縛った。


指も爪先も動かない。

なのに目は動く。
見ちゃいけないと思いながらも視線を部屋中に走らせてしまう。


何も見えなかったが、確実に金縛りに合っている。



何かいる。

やばいやばいやばいどうしようそういや幽霊ってエロいのが駄目っていうしこうなったら童貞卒業の瞬間を
脳内で先行体験するしかない!!
みたいな阿保なことを考え始めた時だ。













隣の部屋から「ぎょぉおおう!!!!だんじょうびおめでどぉぉおう!!!!!!」と絶叫が聞こえてきた。
隣は姉の部屋だ。

何でもその日は姉が夢中になっているバンドのボーカルの誕生日だったらしく、熱心なファンだった姉は
日付が変わった瞬間におめでとうを叫んだらしい。

ハッピーバースデーをやたら野太い声で狂ったように歌う姉。

途中からそのバンドの歌に変わってるし、何かめっちゃ叫んでるしで幽霊と張り合うくらい姉も怖かった。

心霊現象と姉の過激な誕生祝いとのダブルパンチでもう泣きそうだった。

弾けるように部屋のドアが開き、マリリンマンソンみたいな化粧をした金髪頭になった姉が乱入して来た。

爆音でCDを掛けながらサイ!サイ!と拳を上げ頭を振り乱す姉。

もういい加減金縛りが解けても良さそうな展開なのに、よっぽど念が込められていたのか全く解けなかった。

親の不在をいい事にますますヒートアップする姉。
しつこすぎる金縛り。
二重の恐怖に少し泣いた。

姉が口に含んだ血糊を吐き出して狂ったように笑いながら床を這いずり回るパフォーマンスをした頃、
ようやく金縛りは解けてくれた。
本当に安心した。

しかし姉の方は収拾が付かなかった。
俺は諦めて姉に付き合うことにした。

もう今では毎年の恒例行事みたいになってるし、昨年からは他のメンバーの誕生日でもやるようになりましたorz


幽霊より生身の人間の方が恐ろしいのだということを身を持って知りました。

/ 181ページ

初体験

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

89

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|