/ 53ページ

―20XX年 5月―

(1/1ページ)

―20XX年 5月―

海外研修が学校で行われることになった。定員が50名程度だったので、先着順になっていた。私は最後まで悩んでいたが、悩んだ末行くことにした。
説明会が開かれ一通りの説明が終わった後2人部屋を決めることになったが、クラスの女子は私しかいなく他クラスとの交流がほとんどなかった私は必然的に1人部屋になりかけていた。
説明会が終った後に先生に呼び出されると、当然のことながら部屋のことを言われ、私はオロオロしながら周りを見渡した。もちろん男女どうしの部屋は禁止にされていたから焦って知り合いがいるかどうか探していた。すると先輩のほうから声をかけて来てくれた。
「もしよかったら私たちと同じ部屋にする?」私は嬉しく一言「はい!」と答えていた。「これからよろしくね。」
「こちらこそよろしくお願いします。」
と挨拶をかわしていた。

しばらくすると先輩の友だちが何人か来てくれた。その中の一人が「よう!よろしくな!」
目があった瞬間私はまだ名前も知らない先輩に惹かれてしまった…。

/ 53ページ

―20XX年 5月―

(1/1ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛