/ 10ページ

出会い

(1/3ページ)

出会い

――1月。

私と、あの先輩は雪の降る寒い日に出会った。




…私の名前は亜矢。
中学1年生。
部活は、バドミントン部。

その日も、いつものように部活をしていた。
そして、部活を終えて帰ろうとすると、外は雪が降っていた。

理「寒いね~。」

そう言ったのは、同じ部活でクラスメートの理央だ。

亜「そうだね。」

そんな会話をしていると…いつもは、全然目に入らなかった卓球が目についた。(…この学校の卓球は、男子しか居ない為、ほとんど見なかった。)
その中に先輩がいた。

亜「ねぇねぇ!あの先輩カッコ良くない?」
そう言って私は、その先輩を指差した。
すると理央は…

理「そうかなぁ?…つーか、3年生じゃん。」

『3年生なんだぁ』
最初は、そんな事くらいしか思わなかった。

/ 10ページ

出会い

(2/3ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛