/ 104ページ

仮面の好敵手

(1/7ページ)

仮面の好敵手

フィン・カスパー

物語の主人公、探偵

人付き合いがうまくなく、頭脳は明晰だが敵をたくさん作ってしまうのが特技。


ルカ・ホワイト

探偵助手 

フィンと行動を共にしている。美人。



ヒューゴ・クリストファー


正体、目的、不明の悪党。
フィンを嫌っているが唯一認めているのもフィンだけである。

頭は良いが、街で暗躍するマフィアの幹部。

『そこまでだ!』


まさかの声に体がピクっと反応する。

無意識に出た舌打ちの音が静寂の中にやたらと大きく響き渡る。




━━もう少しという所で・・




獲物に伸ばしかけていた手をしぶしぶ引く。



『いつも、いつもお前だ!』



『お褒め頂き、光栄だね、ヒューゴ!』



彼がフロアの端からゆっくりと近づいてくる。



ヒューゴと呼ばれた男が周りを見渡すと、あちこちの出入り口から警官が現れた。

/ 104ページ

仮面の好敵手

(2/7ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ミステリー