/ 10ページ

始まりの始まり。

(1/4ページ)

始まりの始まり。

学校にある怖い噂。
あることないこと、
情報だけが空回り。


だけどね、


これはほんとの噂。



噂が怪談になって、その怪談が皆を殺す。
例え一人でも信じたらそれはほんとになって、
襲ってくる。


頭の中じゃなくて、

現実に。



科学が発達していく世の中で、一部、魔法も残そうと、偉い人たちが思ったらしい。
そうこうしていく中で魔法遣いも国家資格にまでなり、魔法遣いは政治家よりも偉くなってしまったらしい。
魔法は一部の才能ある人にしか遣えないという常識はやや変わりつつあって、ある程度簡単な、例えば動物を使役、とか、その位なら普通の人もなんなくこなしているわけで。
そういった一般的な魔法の浸透によって、問題も浮上してくるようす。
小学校を基盤に、怖い噂の想像が現実になってしまった。
思春期を迎えようとする強い心の力と、一人一人の魔力はたいしたことなくても寄り集まれば大きなものになり、それに形を与えてしまった。


初めはただのマスコットみたいな弱々しい怪談だったが、いつしか大勢が信じるようになって、やがて人を殺せるようになった。
事態を重くみた大人は学校に関する怖い噂の本の絶版を試みるも、既に遅かった。
禁止にされたことで知りたい気持ちが強くなり、ネット世界が炎上。いくら消されても、後を絶つことはなかったわけで。

/ 10ページ

始まりの始まり。

(2/4ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ファンタジー