/ 9ページ

沼津へ

(1/9ページ)

沼津へ

私はXX急行に乗り、伊豆へと向かっていた。


盆を三日ほど過ぎた頃である。シーズン中なら満席のこの列車も、片田舎への寂しい車両へと賑わいを戻していた。

時間は夕刻である。

西からの日に当てられ、車内はノスタルジックな斜陽に包まれている。


座席は向かい合わせになっているが、無論人は座ってない。


まだ、手に持っているオレンジジュースは冷たかった。

列車に乗るときに急いで売店で購入した。
沼図へと続く長旅に備えるためだ。

/ 9ページ

沼津へ

(2/9ページ)

みんなが送ったスター数

1

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|