/ 6ページ

死刑は反対

(1/5ページ)

死刑は反対

私は死刑には反対です

日本人の過半数は死刑を支持 日本では、死刑廃止が夢のまた夢であることは、よくわかっているつもりです。日本人の感情として犯人を生かしておくわけにはいかないという気持があるのでしょうし、被害者の救済としての死刑が重視されているのだと思います。 それでも、私がこんなにも、死刑廃止を訴えるのは、そのような死刑賛成者のみなさんが根拠として挙げることとは、異なる資料が多すぎるからです。皆の考えを要約すると「被告の犯した罪を考えれば当然処刑されるべきだ」、被害者は死刑を望んでいる」、「犯人には人権はない」、「死刑をなくせば、殺人が増える」、「無期懲役なのに出所してしまうことの問題点」、ということになりますね?今回は、この五点にしぼって、考えを書いてみましょう。まず、第一点めの「被告の犯した罪を考えれば当然処刑されるべきだ」について、考えてみましょう。死刑を認める立場は、国家には人を殺す権利がある、ということにつながります。私の思想は、国家を含めて、どんなに凶悪な犯罪を犯した人間に対しても、誰にも人の命を絶つ権利はない、というものです。(この考えは他人に押しつけるつもりはありませんが、国家による死刑を認めてしまう発想は、逆に、人を殺すことの罪の重さを軽くしてしまうことにつながりはしないかと思うのです。)多くの人は、自分は誰も殺していないぞと考えていると思いますが、死刑に賛成される方は、少なくとも、間接的に、死刑囚の死刑執行に加担しています。さらに、被告の犯した罪」に関してですが、「冤罪」の問題があります。加賀乙彦さんの精神医学的な研究によると、死刑囚に見られる様々な精神障害について調べると、無実の死刑囚には様々な精神障害が見られないことがあり、その部分から見ると、本人も無実を主張し、無実を裏付ける可能性のある証拠がある死刑囚の中に明らかに無実であると判断できる状態の方もいらっしゃるのですがそんな方の中に、すでに処刑されてしまった方も、獄死された方もいます。現代でさえ、無実の罪で逮捕されて判決が出てから無実であることがわかる例が多くあります。そんな中で後から無実がわかっても、取り返しがつかない死刑は人間が裁判においても誤りを犯す可能性がある以上、避けるべきではないでしょうか。 第二点の「被害者は死刑を望んでいる」についてですがこれは皆は望んでいるということであってそれを

/ 6ページ

死刑は反対

(2/5ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|