/ 32ページ

第一章

(1/6ページ)

第一章

ある日の朝すずめ達が
会話をしている頃

ある一軒の家から
怒鳴り声が聴こえてくる。

「起きなさい!!」
「……ん~……」

「8時15分!!」
そう言いながら閉めきった
カーテンを勢いよく開ける
外は真冬だと言うのに
登校中の学生達が
楽しそうに騒いでいた。

「ウソ!!」

大慌て時計を見ている少女は
天宮 龍夏-アマミヤリュカ-

「本当だ!!」

龍夏が家を出ないと
いけない時間は7時40分
学校につかないとけない時間は
8時30分残り15分なのだ。

「はぁ だから言ったじゃない… あんだけ早く寝なさいって言ったのに」

「だっ「だってもくそも言い訳は聞きません!それより早く学校に行きなさい!!」

「言われなくても行きますよ~っだ」
龍夏は、べ~ッと舌をだした

「あんまり生意気言ってると痛い目にあうよ!」
「ハイハイ。行って来ま~す」

母親が言った事が
当るとは、龍夏は知るよしもなかった… 。

/ 32ページ

第一章

(2/6ページ)

みんなが送ったスター数

2

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|歴史・時代