/ 10ページ

没頭,

(1/2ページ)

没頭,

…僕は無心に腰を振っている。


目の前の幼女は

大粒の涙を溢しながら
絶叫している。


そうだ,
もっと叫べばいい。

喉が切れるまで
泣き叫べばいいんだ。

叫べるだけ,

そう,叫べるだけ幸せだろ?


…幸せだろう?


僕は,



僕ときたら…。


あぁぁ…


********************

事が終わると,

僕の“モノ”についた
幼女の血を

トイレットペーパーで
乱暴に拭き取った。


僕は,気を失った幼女を放置し

何くわぬ顔で
百貨店の障害者用トイレを後にした。

/ 10ページ

没頭,

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|