/ 18ページ

Prologue

(1/5ページ)

Prologue

かつてその場所には、街があった。

建物があり、道があり、線路があり、人々の営みが、そこにはあった。

今は、土色の大地がその姿を現にし、燃え盛る炎が、空を赤く染めるだけである。

そこは、地獄と呼ぶのに相応しかった。

生物は等しく息絶え、終わりを迎えている。

天を覆うかのように建ち並んだ建物はすべて倒壊し、その痕跡すら残っていない。


そんな世界に、それはいた。


―白い鬼
かつての街の中心でただひとつ、悠然と佇むそれは、まさにそう形容するに相応しい容姿をしていた。

白い鬼「………」

それは、厄災であった。


曰く、終わりの象徴

曰く、破壊の化身

曰く、死を振り撒く者

曰く、白い魔王


それには、様々な呼び方が存在したが、多くの人々は畏れを込めてそれを、こう呼んだ


―白面


と。


約3年前に現れた白面が、この国―日本の約半分を焦土にするのに、さほど時間は掛からなかった。
当然、人々も抵抗した。

ある時は、一個大隊を

ある時は、戦車隊を

ある時は、白面と同じ、鬼の戦士を

そしてある時は、核弾頭を持ってして、この人類史上最悪の厄災に抵抗したが、そのすべてが、無駄だった。

一個大隊は、骨も残らず

戦車隊は、一塊の鉄塊にされ

鬼の戦士は、バラバラになり

核弾頭は、消滅した

それほどまでに、この白面の力は圧倒的であった。

そして、人々は悟った。

白面によってもたらされる、この世の終わりを

/ 18ページ

Prologue

(2/5ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ホラー・オカルト