/ 14ページ

小倉奈津子

(1/9ページ)

小倉奈津子

午後八時過ぎ。

満員電車に揺さぶられ、ようやく自分のアパートの一室にたどり着いた小倉奈津子は、倒れこむように身体を布団の上に寝転がせ、大きく溜息をついた。

疲れきった彼女は、着替えることも入浴することも、そして食欲すら忘れて眠りにつこうとしていた。

どうして、世の中は不公平なのだろう…?

/ 14ページ

小倉奈津子

(2/9ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛