/ 15ページ

終わりと始まりと

(1/7ページ)

終わりと始まりと

 

 ――これは、どういうことだ?


 目を覚ました俺は、自分が人の行き交う横断歩道に突っ立っていることに気が付いた。スーツに身を包んだサラリーマンや、制服に着られた学生達が、俺の横を通り過ぎていく。俺はいつから、路上で立って寝るという特技を習得したのか。


 そこでふと、違和感を感じた。人々が何故か、俺の周りを避けるように歩いているのだ。俺の足元を見て、すっと目を伏せる者もいる。


 俺は足元を見てみた。
 そこに有ったのは、小さな白い花束と包装紙にくるまれたお弁当。こんな物が道端に置いてあるのは確かに変だが、迂回するような理由になるだろうか。


 今度は自分の身なりを確かめる。記憶にはないが、気味の悪い格好でもしているのではないかと思ったのだ。

 俺は黒いスーツを着ていた。厚手で、肌触りがよい。衣服の価値がわかるような人間ではないが、かなりの高級品だと思う。高そうなネクタイまで締めていた。こんな服を持っていた記憶はないけれど、避けられる理由は服装ではないらしい。


 ――では、何故?



 解決のきっかけとなったのは、声。


「おやまぁ、こんなところで可哀相に」


 深く考え込んでいた俺の耳に飛び込んできた、しわがれた声だった。

/ 15ページ

終わりと始まりと

(2/7ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|