/ 14ページ

十五夜

(1/11ページ)

十五夜

「あ…これ美味しい…」

支配人から貰ったと真壁が持ち帰った日本酒は、篠崎の口に合ったようだ。

食事と共に出したそれを嬉しそうに飲んでいる篠崎を見て、真壁は目を細めた。

「…いいけど、飲みすぎるなよ?」

「え?大丈夫ですよ」

にっこり笑う篠崎の言葉が、どれほどあてにならないかは今までの経験からよく判っている。

医師であるくせに自分の限界に気付かず、どんどん飲んでは腰が立たなくなる。

酔って肌をほんのりと染めた篠崎は妙に艶かしくて、まるで誘っているように見える。

/ 14ページ

十五夜

(2/11ページ)

みんなが送ったスター数

39

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛