/ 16ページ

第一章.プロローグ―道―

(1/5ページ)

第一章.プロローグ―道―

この話しはフィクションです

 ――若干寒さの残る、三月上旬。

 春は出会いと別れの季節、と、連日卒業スペシャルたるものがテレビで流されている。

 そんな卒業や別れの余韻も、

「是非、うちの高校に入学してくれませんか?!」

「無理ですって!」

この男達には関係なかった。


「入谷(いりや)君、君の打撃力が必要なんだよ」

「だから、東京なんて行けませんよ。僕はお母さんのことも心配ですし、茨城からでることはありません」

 入谷、と呼ばれた少年、入谷 和晶(かずあき)は、校門前でかなり戸惑っていた。

 と、いうのも、ここ最近ひどく高校からスカウトの人がやってくるのだ。

 今のところ、北海道から大阪、兵庫からスカウトの人が連日尋ねてくる。

/ 16ページ

第一章.プロローグ―道―

(2/5ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|青春