/ 6ページ

少年は青い星の海に落ちました

(1/4ページ)

少年は青い星の海に落ちました


通勤ラッシュ



人混みの多い電車は苦手



僕はある人を見つけて付いて行った。



僕と同い年くらいの女子高生。



おとなしそうな女の子の後に僕は付いて行った。



僕はその子の間となりに立って話しかける。



「あのさ、君に頼みたいことがあるんだよね。」



女の子はただ静かに満員電車で揺られているだけ。



彼女はいつも僕を無視するんだ。



「ねぇってば!」



毎日毎日、話しかけてもこちらに視線を向けようともしない。



「頼みたいことがあるんだ。聞いてよ。」



僕の言う頼みたいこととはなんだろう。



自分でもわからない。



それに、この女の子に毎日会う理由も僕にはわからなかった。

/ 6ページ

少年は青い星の海に落ちました

(2/4ページ)

みんなが送ったスター数

20

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|その他