/ 12ページ

『嫉妬』アレンversion☆彡

(1/2ページ)

『嫉妬』アレンversion☆彡

―ある日―

アレン「〇〇!!貴女って人は!!」

『ヒャッ!!いきなり怒鳴らないでよアレン君;』

私はいきなりアレン君に怒鳴られた。
何のことで怒鳴られてるのだか、私はサッパリ分からなかった。

アレン「今日という今日は許せません!!」

『わっ私なんかしちゃったの!?』

アレン「えぇ!!しました!!しましたとも!!」

『私何しちゃったの;』

アレン「僕が昨日任務の最中に非番の神田と買い物したでしょう!!」

『えっ??あっうん;神田が…「心配だからついていってやる」って聞かなくて;』

アレン「だからとは言えども、僕以外と出掛けるなんて…ッ……!!」

『あっ…アレン君……もしかして……嫉妬……??』

アレン「…ッ……///」

どうやら図星だったようだ。
私はそんなアレン君が可愛くてつい笑ってしまった。

アレン「なっ…!?//なんで笑うんですか!?//」

『かっ…可愛いなぁと思って。』

そう私が言った瞬間――
後ろにあったベットに押し倒された。

『あっ…アレン君!?///』

アレン「〇〇……貴女は無防備過ぎるんです……神田は男です。いつもはツンツンしていても、実際頭の中はデレっとしてるんですよ。だからいつ何をされるか分からないんです」

『うっうん///』

アレン「今日はあんなに怒鳴りつけてすみません、でも!!他の男と〇〇が一緒にいるのが許せないんです……それ位、〇〇の事を愛してるんです//」

『アレン君……//神田と一緒にいるのは極力避けるね……私も、アレン君の事愛してるよ//』


そして私たちは、顔を真っ赤に染めながら口づけを交わしました。


―『嫉妬』アレンversion…end―

/ 12ページ

『嫉妬』アレンversion☆彡

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

102

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛