/ 206ページ

‡1‡

(1/16ページ)

‡1‡


五日目(月曜日)

朝―

僕は思った通り、寝不足だった。

麻椰先輩帰ってるのかなぁ…。

彩『ん~、起きた?』

夕『う、うん…』

そうか昨日は彩椰ちゃん達の所に泊まったんだよね。

いろいろあったからね…。

彩『ちょっと待ってね、ここちゃん起こすから。そしたら一緒に食堂行こうね(ニコッ』

夕『うん、分かった』

そうだ、その間に顔とか洗っとかないと…。

はぁ…元気出ないなぁ。

顔を洗って戻ると、彩椰ちゃんはお兄ちゃんを起こしている所だった。

彩『こ~こちゃん起きて』

心『まだ眠い~』

彩『へ~いいんだぁ。夕の前で犯すよ』

心『!起きた…あれ?何で夕がいるの??』

ごもっともな反応、いつもありがとうございますι

/ 206ページ

‡1‡

(2/16ページ)

みんなが送ったスター数

3

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛