/ 11ページ

(1/4ページ)

葉っぱの間からもれる日の光に照らされ目が覚める。

木の上で、隠れるようにして寝たため、体のあちこちが痛い。

彼は、とりあえず木から飛び降りた。

着地に成功して、やや嬉しそうに辺りを見渡す。……が、周りに人の姿はない。

おかしいと思い大声で呼ぶ。

「みんな~、どこにいるの~。」

返事はない。

彼は、ここにいてもしかたがないと思い歩きだした。

少し歩くと血なまぐさい匂いがしてきた。気分が悪くなったが、彼は歩みを止めることはしなかった。

血なまぐさい匂いに耐えながら歩き続ける。

少しして、彼の足が止まった。
恐怖を顔に表して。

彼の目が映しているものは





大きな、赤い水溜まりだった。





この赤い水溜まりがこの匂いの原因のようだ。先ほどより匂いが強い。

水溜まりがなんなのか、容易に想像できる。

この水溜まりは生き物の゙血゙だ。

水溜まりの量からすると、かなりの数の動物のものか、または、それなりに大きい生き物のものと考えられる。

この島には、人より大きい生き物は存在しない。

人の血と考えるのなら、数人の人が、ここで、血を流したことになる。

/ 11ページ

(2/4ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ホラー