/ 14ページ

変わらぬ日常

(1/4ページ)

変わらぬ日常

いつからだろう。
私が彼女を気にし始めたのは…此処で彼女が通らないか楽しみになったのは


私は、その日も山の見張りとしてジッと気を張り詰めていた。滅多に侵入者は居ないがこれが私の勤めであるから気は抜けない。

椛「ただ、今日も穏やかだなぁ…」

いつもなら河童のにとりが来るのだけどその日は来なかった…その代わりに私は空気が変わるのを感じた。
この空気を感じると私はどうも落ち着かなくなる。

しばらくしてその主が来た。

文「あややや、今日もお勤めご苦労様です。」

彼女は射命丸 文。
先刻の騒動をきっかけに私の上司になった人だ。

/ 14ページ

変わらぬ日常

(2/4ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛