/ 12ページ

踊り場

(1/12ページ)

踊り場

もうこんな時間になってしまった。

すっかり暗闇に包まれている窓の外と、時計の針が九時を射しているのを見て、吉池香織は思った。



ある小学校で教諭として働く香織は、担任をしている生徒たちの成績表の採点をするため、小学校に残っていた。

もう香織以外には、誰も残っていない。
用務員の人も定時に帰ってしまい、他の職員たちも先に帰ってしまった。



いつもは騒がしい小学校も、夜には不気味な程に静かになる。
物音一つ聞こえないこの空間は、大人になった香織でさえも、少し怖いと思う程だ。

自分自身の立てる音が、やけに大きく響くため、少し畏縮してしまう。



仕事も一段落したので、帰りたいところではあるが、香織は戸締まりの確認をするため、校内を巡回しなければならない。

しかし巡回したところで、すでに戸締まりも消灯もきちんとされているだろう。
香織が再度巡回しても同じことだ。

だが、もし万が一のことがあれば、責任に問われるのは香織だ。


香織は溜め息を吐いて、重い腰をあげた。
そして、職員室に常備されている懐中電灯を持って職員室の扉を開けた。




扉を開閉する音が校舎の壁に反響し、大型トラックの排気音のような轟音に変わる。
普段は全く気にならない程の小さな音であるはずなのに、この暗闇と静寂に包まれた空間では、まるで別のもののようだ。



長い廊下が、香織の目の前には延びているはずだ。
しかし、この漆黒の世界では見えるはずがない。

職員室の扉の前、廊下の端に立つ香織は、背筋にひやりとしたものを感じた。


この漆黒に染まった廊下が果てしなく永遠に続いていて、一歩足を進める度に自分さえも闇に吸い込まれてしまいそうに思えたのだった。



香織は、恐怖と、それに共鳴するかのように湧き出す孤独感を感じずにはいられなかった。

元来彼女は気の強い方ではあるが、いくらなんでもこの空間では、己の脆弱さをありありと感じる。


長い廊下に、光の筋が現れる。
香織は懐中電灯で廊下の先を照らした。

それでも、向こうにあるはずの廊下の端までは見えない。

しかし、頼りない光ではあるが、自分の進む道が照らされたことで、香織は少し安心した。


早く帰りたい一心で、香織は懐中電灯を頼りに歩き始めた。

/ 12ページ

踊り場

(2/12ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ホラー