/ 86ページ

第1幕・幻想入り(1)

(1/4ページ)

第1幕・幻想入り(1)

気がつくとそこは…。

「・・・・。」

目が覚めると、森の中にいた。

「え~っと・・・あれ?」

正直、訳がわからない。
…たしか、学校帰りに、
駅で友達とデュ〇マのカードで
勝負していて…、
それで…時間やし帰ろうって
いうことになって…。

「あ、思い出した。」

そうだ。

家に帰る途中、
急に穴に落ちたんだ…。

「でも…。」

俺は周りを見る…。

「やっぱりおかしいな。」

そう。

明らかに違うのだ。

自分の記憶では、
コンビニをとおり過ぎて、
穴に落ちた。

しかし、周りにコンビニなど
ないし…、
まず、穴に落ちたのに、
穴の中に自分はいない。

「変だな…。」

とくに理由もなく空を見上げる。

「満月…いや、十六夜
(いざよい)かな?」

空にあった月は満月に見えるがよく見れば、
ほんの少し欠けていた。

よくいう十六夜月である。

「まあ、綺麗やしいいか♪」

少しばかり、その月で
癒された。

「とりあえず動くか…。」

そう言って俺は立ち上がった。

「あ…そういえば!」

俺は、すぐに制服のブレザーの
ポケットに手を入れた。

「よし!いける!」

ポケットの中身は何も変わっていない。

それが幸運だった。

俺はポケットから手を出すと、
横にあったかばんを持ち、
歩き出した。



その時、俺は気付かなかった。

俺の後方から忍び寄る、
その気配には…。

/ 86ページ

第1幕・幻想入り(1)

(2/4ページ)

みんなが送ったスター数

1

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ファンタジー