/ 13ページ

開幕

(1/6ページ)

開幕

~♪



ん…もう朝か

眩しい光で見にくかったけど、腕時計は4時を示していた

電気消してなかったっけか?

うーん…

にしても眩しい…



はっ


「いって!おい!!」

勢いよく起き上がった俺は何かにぶつかった


『うわっ… え… あ』

そこにいたのは190センチはあろう大男、おまけにサングラスにスキンヘッドときてる

「…」

(うわ~ メッチャ睨てる… ここは謝ってた方が良さそう)

『あ、す、すいません 勢いよく起き上がったので周りが…』

「チッ…」

大男は蛇みたいな目で睨みつけて歩いて行った

(こわ~… あんなのに殴られたら気失ってまうわ …でもあのいかつい顔に全身黒タイツはシュールだったな)

~♪


(つか どこだここ? 昨日は家で寝てたのに… どこかの一室みたいだけど

周りには…
俺みたいに辺りを伺ってる奴3人、黒タイツを着ている奴5人
そして…俺の目の前には直径2メートルはあろう黒い玉がある

圧倒的な存在感…


音楽はコレから流れているっぽい


とりあえず何か…情報がほしい)

/ 13ページ

開幕

(2/6ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|SF