/ 25ページ

いつもの

(1/3ページ)

いつもの

 
 
 
またココに来ちゃった‥
 
 
 
いつものカフェラテフロートと
砂糖1コを持って、
眺めのぃい窓際の深い緑色のソファーにすわる。
 
 
それがぁたし
「かすみ」の毎日の日課だ。 
 
もちろん
今日も変わらず
相席には、あたしのいつも持っている赤いバッグだけ。
 
 
 
この赤いバッグは
かすみにとってお気に入りで常に持ち歩いていた。
 
 
別に赤が好きなワケぢゃなぃ。
 
 
ただ
普段シンプルな色の服を着ている、かすみにとっては
 
赤という挑戦が自分にとって必要だと思ったから。  
 
どちらかと言うと
パステルカラーの似合の方が似合うって言われてたし
そぅ自分でも思ってる。
だからそれは、
とっても意外な色だった。自分でもなかなか選ぶに悩む色だ。
 
 
ところが
毎日持っていることによって愛着とくせがつき、だんだんその人に色が見合ってくるみたいだ。
 
 
たいていその時にはまた自分に似合う色を発見して世界が広がって少し嬉しくなったりする。
 
 
 
 
あーぁ‥これから雨ふってくるのかなぁ。
 
 
 
外の薄暗く大きな灰色の雲の固まりを見て、かすみはため息をついた。
 
ガラスごしの
サラリーマン、OLの足取りがさっきよりはるかに早くなっている。
 
 
天気予報
今日朝ちゃんと見たときは晴れだったのに‥
マヂついてない。

/ 25ページ

いつもの

(2/3ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛