/ 5ページ

日常終わり ひとつめ

(1/3ページ)

日常終わり ひとつめ

何故人はコイに「堕チル」のか。
 何故人は人をアイしてしまうのか。
これは一つのアイのカタチ。
これは一つのアイのコトバ。
これは語り尽くせない程の。
 アルアイノモノガタリ。

 僕の両親と妹は五年前、交通事故で死んでしまった。
 あの日、僕らは家族みんなで旅行に行っていた。
 行き先は僕のお父さんの生まれ故郷の遠い遠い町。 そこには綺麗な岬があって、僕らは行く度にそこで並んで写真を撮り、あの時も夕陽をバックにみんなで写真を撮った。
 その後、お父さんは岬の帰りにある駄菓子屋で、僕と妹にお菓子を買ってくれた。
 一晩を宿で過ごし、車に乗って帰り道。
 妹はいつもの定位置、お母さんの膝の間に収まっていた。妹はお母さんの事が大好きだった。
 そして。唐突に僕らの旅と日常は終わった。
 最初は、何が起こったのか分からなかった。
 すごく大きな音がしたかと思うと、僕らの乗っていた車がものすごい衝撃で貫かれた。
 次の瞬間目に激痛。
 何も見えなくなった。
 顔には温かい液体が流れていた。
「お、お母さん? お父さん? ルイ……?」
 真っ暗な視界のまま、手探りで両親と妹を探した。 手に触れたのは、とても温かいモノだった。
 そしてその時なんとなく思った。
 あ、人間ってこんなふうにいきなり簡単に死んじゃうんだ、って。
 それを最後に、僕は気絶した。

/ 5ページ

日常終わり ひとつめ

(2/3ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛