/ 18ページ

とある屋敷にて始まる

(1/3ページ)

とある屋敷にて始まる

深い深い闇に覆われた夜に月だけが美しく輝いていた
「お呼びでございましょうか」

イタリア ミラノのとある大きな屋敷。 彼女は静かに問いかけた。


彼女に背を向けて座っていたこの屋敷の主である男が振り返って彼女を見た。その目は獣のように鋭く、見るだけで殺されるようだったが、彼女はその視線をだだ静かに受け止めていた

/ 18ページ

とある屋敷にて始まる

(2/3ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛