/ 16ページ

小夜鳴鳥 -ナイチンゲール-

(1/7ページ)

小夜鳴鳥 -ナイチンゲール-



―――唄いたい。


アンタのために。



.

―――うたいたい。







俺は閉じていた瞳をゆっくりと開いた。
目の前に広がるのは、見慣れてしまった街の風景。


俺が今いるのは、通っている高校の屋上。
ここの学校は四階建てで、屋上も必然的に高くなる。
そんな高い所から街並みを眺めるのが俺の日課だった。



……学校には一応来ているけど、授業にはほとんど出たためしがない。
放課後になるまでずっと、この立ち入り禁止の屋上で街並みを眺めている。








「………うたいたい」



ポツリと溢した言葉は、ずっと昔から思っていたこと。
歌いたくて、堪らない。



言葉にすればするほど、その欲求は増して行く。



「うたいたいな……」



「じゃ、歌えばいいじゃん」



――――え?



.

/ 16ページ

小夜鳴鳥 -ナイチンゲール-

(2/7ページ)

みんなが送ったスター数

2

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛