/ 113ページ

(1/2ページ)

 さらさらと花が舞い、いつもの道が華やかに色付き始めた春。

 誰よりも目立つあなたがやって来た。

 自己紹介で私の方が緊張してて、浮かれてしまって、ニヤニヤ見つめていたんだけど。

「俺、別に友達とかいらないんで、別に覚えなくていいんで」

 そうしてあなたはさっさと空いた席に着いた。


 衝撃的過ぎて今でも忘れられないあの日。

 周りのクラスメイトの視線も気にかけず、最低限な相槌だけで毎日を過ごして、本当に。

 退屈だったんじゃない?

 最初の四季は、外を眺めてそれなりに授業をこなし、ただひたすらに1日が過ぎ去るのを退屈そうに“見つめて”いるようだった。

 気のせいだったら幸せだったかな?

/ 113ページ

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

778

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ファンタジー