/ 23ページ

始まりの時

(1/7ページ)

始まりの時


変化なんて
いつだって唐突に訪れる。


だからこそ人は普段から
何かに対しての備えをする。



昔から良く言うだろ?

【備えあれば憂いなし】って。


勿論
俺は備えなんてしていなかった。

けれど…
どんな心構えがあっても、さほど変わらなかったと思う。

俺は今日も朝から電車に揺られる。


社会人になって、もう1年が過ぎた。地元を出てから就職したのだが、最初は慣れない環境に四苦八苦した。


だが今となっては、只の惰性での毎日でしかない。



最近は暑くなってきた。
地球温暖化なんて言われてはいるが、俺には実感がない。

だってそうだろ?

「去年の夏の一番暑かった日を思い浮かべて下さい。」


なんて言われて、リアルな暑さまで想像出来る奴なんていない。



いたとしたら
よっぽどの記憶力の持ち主か…もしくは現実と想像の区別の出来ない馬鹿だ。



恐らく殆どが後者だろう。





そして、俺はそんな頭の悪い人間が嫌いだ。

/ 23ページ

始まりの時

(2/7ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ファンタジー