/ 19ページ

出会い

(1/4ページ)

出会い

『なぜ父に似ているのですか?』

も~……限界だぁ……

苦しくて…ちぎれそうだった時、『その声』は聞こえた。

「えっ!?」

大きく目を見開いて、『その声』を見た。

俺と幸とのはじめての出会いだった…

俺の目の前に一人の若い女性が立っていた。

長い黒髪、どちらかといえば地味な服装、上品な顔立ち…年は二十代前半くらいだろうか


正直、選挙戦が始まってからのここ一週間

恥ずかしながら俺の街頭演説に足を停めてくれる人は今まで誰一人いなかったので


…俺は存在しない事が当たり前だった。

人に声をかけられる事自体が珍しかったし若い女性ともなると…


とても不思議な感覚で声をかけた。

/ 19ページ

出会い

(2/4ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛