/ 292ページ

1 運命的な出会い?

(1/17ページ)

1 運命的な出会い?

「待てよー!」

「やだねー!」

 雲一つない青空の下、橙色のレンガ道を子供達が駆けていく。何てことない、王都の昼下がりの光景だ。

 と、町中にピィー……と鳥の鳴くような甲高い音が響いた。速さを競っていた子供達ははっと足を止め、空を見上げた。

 次の瞬間、雲一つない快晴にも拘らず、ふっと影が落ちた。青空は灰色の何かにさえぎられ、突風が町中を巡る。子供達は強風に目を細めながらも、わくわくを隠しきれないといった笑顔で空を見続けていた。

 ばさり、ばさり。羽ばたく音が聞こえる度、灰色は細くなり、やがて見えなくなった。

 青空が見えたのも束の間、上空を鳥――にしては大きくがたいがいいし、トカゲのような尻尾がある――のようなものが横切って行くと、わっと歓声が上がった。

/ 292ページ

1 運命的な出会い?

(2/17ページ)

みんなが送ったスター数

551

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|青春