/ 10ページ

第1章 ウサギ

(1/4ページ)

第1章 ウサギ

世界には、沢山の種族が存在した。中でも獣人・・・人間の言葉を使い また それ以上の力 知識をもつ すばらしい種族。
ウサギのルイス彼もその1人であった。

「・・・・あ」

「私・・・・」

「・・・・・・・・?」

薄暗い森の中、金髪の少女は座りこんでいた。

古そうなブカブカの服に、これまた古そうなブーツ。
とても綺麗とは言い難い服装だか

晴れ渡った空の色をした瞳はその中で、よく映えた。



「私・・・・・・・」

私とは誰なのだろう
誰にだって名前はあるハズだ

「・・・・・・・・・・」



思い出せない・・・・
「どうしよう・・・」

場所もドコか解らない、ましてや森の中だ。何が起きるかもわからない。

困り果てた―

「お嬢さん」

少し低い青年の様な声が聞こえてきた。
誰だろう?

なんだか怪しい

「・・・だれ?」
彼女は周りをキョロキョロと見た。声の主を探して

すると―

さっきよりも優しく笑みをふくんだような声が聞こえた。


「怖がらないで、決して怪しい者では・・・そのまま前に進んできてください」

彼女は一瞬、戸惑ったが声に従うことにした。

/ 10ページ

第1章 ウサギ

(2/4ページ)

みんなが送ったスター数

1

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ファンタジー