/ 4ページ

Prologue

(1/2ページ)

Prologue

手の届かない甘い果実へ、懸命に両手で空を仰ぐ。
決して甘いとは限らないのに…

触れそうで触れられない愛しい時間がまた遠く離れては、時折優しく身体を包んで。

ワタシは何者だろう。
何処へ逝けば良いのだろう。
悩むにはもう若くはないのだから、余計に灰色。

/ 4ページ

Prologue

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|