/ 52ページ

プロローグ

(1/7ページ)

プロローグ

―――とある放送部の部室―――








荒『萩原はもう放送部には慣れた?』


そう言ったのは胸がG級で性格はまぁ明るい
……いやあれはうざいだな。
ってな感じの高2で俺のひとつ上、荒木結衣先輩だ。




聡『そりゃもうこの変態な部には慣れましたよ』



荒『この部の何処に変態要素があるのよ?』



いや今から始める放送だろが……。



ガチャリ

そういうと荒木先輩は、いや、この色はおかしいやろ!
とツッコミ入れたいぐらい真っピンクのドアを開けた。



ちなみにもうツッコミ過ぎて慣れますた(^_^)v



―――――放送ルーム―――――



部室の方は何かと汚いけど、放送ルームの方は割りときちんとしているな。



聡『それじゃあやりますよ』





ポチっ。

/ 52ページ

プロローグ

(2/7ページ)

みんなが送ったスター数

21

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛