/ 26ページ

生け贄っているのかな?

(1/3ページ)

生け贄っているのかな?

盗賊「へへへ…怖がるこたぁねぇ。姉ちゃんが大人しくすればすぐに終わるさ。」

アリス「なんで私ばっかりこんな目に遭うのよー!?」

遡ること1時間前…

魔王に捧げる生け贄の乗る馬車。

アリスは捧げられる生け贄として乗せられていた。

アリス「うぅ…まさか私が生け贄になるとは…。」

アリスの村ではクジで生け贄が決まる。そして今回はアリスが選ばれた。

アリス「くじ運強い筈なのに…。」

ガタン。

突然止まる馬車。

アリス「運転手さん?もう着いたの?」

運転手「あぁ、着いたよ。我々盗賊のアジトにな!」

アリス「え、」

すると、周りの林から沢山の盗賊がでてきた。

で、今に至る。

盗賊「げへへ、いい女だぜ!」

盗賊「全くだ!へへ!」

アリス「う、うそ、いや、だ、誰か…助けて、」

盗賊「げひひ、こんなとこ誰も来ないぜ?」

?「いや、そんなことないですよ?」

盗賊「だ、誰だ!?」

盗賊が振り向くと一人の青年がいた。

青年「大勢で女の子を苛めるのは、感心しませんね。」

盗賊「あぁ?苛めてねぇよ、辱しめてるんだよ!」

アリス「なお、悪いわ!!」

青年「とにかく、その子を離してあげてください。」

盗賊「へ、誰が離すかよ!」

青年「そうですか…ならば…」青年は右耳のピアスをはずす。

青年?「お嬢さん!ちょっと耳と目、塞いでろ!見てもいいが地獄だぞ?」

アリスは青年?に従った。?の理由は青年の声と口調がかなりワイルドになったから。

/ 26ページ

生け贄っているのかな?

(2/3ページ)

みんなが送ったスター数

21

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ファンタジー