/ 51ページ

第1章 始まる日常、動き出す影

(1/11ページ)

第1章 始まる日常、動き出す影

午後11時。

この冬霜町(フユシモチョウ)の一角の民家の屋根の上で座っている人物がいる。

金色の髪と黒いコートが特徴的な男だ。


「…おや、来たみたいだね。」


男が真っ黒な空を見上げると、突然空からなにかが落ちてくる。

その何かは、黒い翼を広げ男の横に降り立った。

黒い髪…そして座っている男と同じコートを身に纏っている男が。


「蒼夜(ソウヤ)、遅かったね。」

「…悪かったな、湊(ミナト)。」


蒼夜と呼ばれた人物は、湊と呼ばれた人物に謝罪するが、悪びれる様子もないまま湊の隣に立った。


「座っても良いんだよ?」

「いい、長居するわけじゃないからな。」

「相変わらずつれないね君は…。まあ良いか、先輩としてこれだけは言っておくよ。必ず対象を連れ帰ること…良いかい?」

「ああ、任務は必ず遂行する。」

「その意気だ、いざという時は僕もサポートするからよろしくね。」

「ああ…了解した。」


そう言い蒼夜は翼を広げて夜空に向かって飛翔する。

湊はしばらくの間、蒼夜の姿を見送っていた。


「さて…今度の対象はどうかな?」


蒼夜の姿が完全に見えなくなった後、湊は呟くように言葉を紡いだ。

視線の先には一件の民家。

その民家の窓から見える一人の少女が今回の標的。


「…一ヶ月生き残れば上等だね。」


不吉な言葉を残し、湊も翼を広げて夜空に消えていった。

/ 51ページ

第1章 始まる日常、動き出す影

(2/11ページ)

みんなが送ったスター数

69

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ファンタジー