/ 851ページ

序章

(1/2ページ)

序章




燃え盛るビルが、夜を昼のように明るく照らしていた
ビルから少し離れたところには、学生服を着た子供たちが心配そうにビルを見つめている


人数は4人、全員身体中傷だらけだった・・・・・・




「玄徳様・・・・・・」



足を引きずりながら、ビルから出てきた女子生徒は、柱にもたれかかるように身体をつけて呟いた

傷ついた右手を押さえる女子生徒の目線の先にあるものは、さっきまで雲で隠れていた月


そして、燃えるビルよりは低いが、建物の上に立つ2つの影

突然吹き出した追い風に服を靡かせると、銀色の髪の青年が言った




「間に合った・・・・・・」




その言葉を聞くと、巫女服を着て青年の腰くらいの身長の少女が、右手に持っている扇を胸の前まで持ってきて言った




「我が主こそが、東南の風です」



「あぁ、行くぞ・・・・・・孔明」



・・・・・・時は7月、その後に『日本の赤壁』として語られるこの大戦から遡ること3ヶ月前


物語は始まった・・・・・・




・・・・・・・・・・・・

・・・・・・

/ 851ページ

序章

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

113

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|現代ファンタジー