/ 8ページ

窓の外の景色

(1/8ページ)

窓の外の景色


俺は研究所を出た後、友人の多い慶次の伝を頼り、俺は各地を転々とした。
なるべく顔を覚えられないようにするためにだ。
だが、そんな生活もすぐに止め、小さな丘の近くに家を持つことになった。
転々としている間に仲良くなった人が建ててくれたらしい。
譲り受けた時には、その人は別の土地に移ってしまった後だった。


「政宗、お昼ご飯できたよ~」
「ダッド、今日はオムレツだよ」

ふわりふわりした表情が特徴的な2人は、丘の上にいた俺を呼びに来た。

/ 8ページ

窓の外の景色

(2/8ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|SF