/ 5ページ

序章

(1/2ページ)

序章

――…この世の運命には逆らえない。



自分の歩幅で、己の道を歩んでいると思うのは誤りで
人生の道は全て、神様が決めているんだよ……――

昔、まだ物心がつくかつかないかの幼い頃。
懐かしい匂いと共に語った祖母の遺言。

幼かったせいもあるけれど、意味なんてわからなかった。

それは成長してからも変わらなかった。


けれど、ある日
目の前で両親が死んだ。

その時、祖母が言ったあの不可解な言葉をふと思い出し、漸く意味を理解した……。


あぁ、運命って
なんて残酷なのだろう。

これが運命ならば、
祖母の言ったことが本当なら……
神は、抗うことは赦さないだろう。


だけど…
両親が死ぬ事も運命だなんて片付けられない。

それに、私に起きた奇妙な出来事も。

そう、此れは――…
私の運命の歯車が狂ってしまった話。

/ 5ページ

序章

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|歴史・時代