/ 6ページ

超能力者

(1/6ページ)

超能力者

俺は超能力者だ。生まれたときから変な力が使える。なぜかは知らないが、物心がついた頃にはすでに使い方も知っていたし、どんな能力かもわかっていた。

例えば、小さいときに遊ぶ積み木なんかを手も使わずに「お城」と言うだけで作ることだってできる。
他にも「牛乳」と言えば、コップに牛乳を注ぐこともできた。

しかし、最近おかしなことに気がついた、一ヶ月ほど前から一人暮らしをする様になった。
すると、まったく超能力が使えなくなったのだ。流石に、炊事洗濯ができないと生きてはいけない。だがいままでは、自分でフライパンを持つこともなく、なにもしてこなかったのだ。
ということは、料理を作っても黒焦げの隕石にしかならなかった。

/ 6ページ

超能力者

(2/6ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|SF