/ 127ページ

特異体質

(1/21ページ)

特異体質

 


ハロー 神様


 



僕こと、土屋 千明(ツチヤ チアキ)にはあまり大っぴらに人に言えない秘密がある。
その秘密というのが、日常に悩みを与える種であったり、秘密を知る友人が僕をオモシロ人間と称する由縁であったり。

「待ぁたんかぁ、コラァー!」

……今抱えている問題の原因であったりするわけだ。

しなやかな細い体躯、その表面は漆黒の体毛で覆われている。さらに、走る向きを変える度、せわしなく動く同色の尻尾。
細長い手足の先には鞘にしまわれた鉤状の鋭い爪。
顔の真ん中に貼り付いた小さな鼻と、その両脇の糸のような髯。凛と立ち上がった三角の耳。

現在の僕はそんな四足歩行な姿をしている。まあ、誰がどうみても普通の黒猫に見えることだろう。

/ 127ページ

特異体質

(2/21ページ)

みんなが送ったスター数

0

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|