/ 110ページ

(1/2ページ)

読んでる本で気になった一文。

『最近僕は髪の毛を伸ばしている。
少なくとも腰のあたりまでは伸ばしてやろうかと思っている。

伸ばした結果どうなるかというと、これは反時代的アナクロになる。

いまどきの人間で腰まであるような髪をしている男はヘビメタの青年か骨法武術の渡部師範は浮浪者のおじさんくらいのものである。

反時代的な格好をしていると、それがアナクロであれ超先取りであれ、人は警戒する。

警戒されると慣れ慣れしく寄ってくる人物も少なくなって具合がいい』

by中島らも

…だそうで。

僕も現在髪の毛を伸ばしていて、同じく腰まで伸ばせたらいいなーと思ってます。

理由は色々あるのですが…

主な理由としては

・ニワトリのくせに、シッポが長いというだけでチヤホヤされている『オナガドリ』がうらやましいから。

次に

・オシャレが苦手な僕でも(オシャレをすればするほど『お前それは辞めろと本気で言われる』)、とりあえず長髪でいれば『それっぽく』目立てる気がするから。

更には

・カラーもパーマもしていない長髪=なんか人間離れしてそうなイメージがある

…みたいな、ほんとにしょーもない理由からなんですよね。

とは言っても、腰まで伸ばすにはまだまだ時間がかかるんだけどね。

たまに

『髪の毛の重みで、頭皮に負担がかかってハゲたら嫌だなぁ…』と思うことがありますが、考えないことにしてます。

一年とちょい伸ばして、肩よりちょい下ぐらいになりました。

髪の毛は

切るのは一瞬
伸ばすは年単位


順調に、にょきにょきと伸びてます。

/ 110ページ

(2/2ページ)

みんなが送ったスター数

2

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|ノンフィクション